MENU

デートプランの重要なコツ

FXでテクニカル分析をする時にしっかりとプランを考えて導き、そして良いタイミングで誘う必要があります。まったく気づかないデートプランここからヒントを得て下さい。

 

 

初デートのプランを考える時、非常に需要な概念があります。それは、長くしすぎない、サラッとした内容にするです。簡単に言うとランチだけにする。何故何ら、自分も緊張するのだから相手も緊張をします。最初から長い時間は疲れきってしまうのが現実です。

 

なので、イベントをネタにしたのならそれとランチもしくはお茶、これぐらいがベストと言えます。自分を演出するにもボロが出にくいし、初デートの目的はお互いを確認する位置づけであるからです。

 

”好きな彼女との初デートだから、長く一緒にいたいと思うのは当然です。 しかし、長時間の初デートは失敗の元となるのが殆どです。昔からの知り合いだとか、仲の良い友達だったら問題はないですが、 まだ、お互いの事をよく知らない関係の時は、 あなたはもちろん、彼女もあなたの事を、どんな男性なのか観察します。

 

よって、一緒にいる時間が長くなればなる程、見られる時間が増えます。 例えば8時間なら8時間、あなたは彼女に観察されっぱなしです。 初デートが肝心だとお話しましたが、彼女はそれで、あなたを判断します。 ボロが出たら終わりだと思ってください。 次に繋げるためには、初デートで と思わせる必要があります。

 

初デートでボロが出てしまっては、あなたの印象が変わってしまいますし長時間一緒にいる事で、「あなた」と言う男性をわかってしまうので、次も・・・と思ってくれないかもしれません。また、お互いをよく知らなく、彼女は気を許しているわけではないので初デートではあなたに気を遣います。

 

彼女に好かれたいなら、あなたも多少気を遣うのは当然ですが、長時間、この状態が続いたらお互いに気疲れしてしまいます。 初デートは『彼女を楽しませた上で、あなたも楽しむ』必要があるので、彼女が感じる気疲れも程々にさせなくてはいけません。

 

オススメの初デートの時間は2〜4時間。これを目安にしましょう。 これらの3つのポイントを押さえた上で、 デートプランを立てると次のようなプランになります。 とてもシンプルなプランですが、初デートはこれくらいが丁度良いです。

 

時間帯は、初デートはランチが最適!初デートは食事するだけでもあなたの“男の魅力”を十分出せるタイミングはありますし、2人の仲を深める事が出来るので、オススメします。食事は何度重ねても問題はないし、むしろその方が親密度を高めます。

 

食事以外は次のデートプランに回して、デート時間を長くしていきましょう。このプランでは物足りないと感じたり、 食事以外を口実にデートに誘ったと言う方もなるべくこのオススメプランに近付けるようにすると良いです。

 

このページの先頭へ