MENU

fxに気になることはオープンクエスチョンで質問!

FXの相場に対して問う時に重要となるのが質問の方法、どういった形で質問をすればよいのかオープンクエッションをヒントに考えてみてください

 

これまで共感だ、相づちだ、頷きだ!これらのことばかり触れてきましたが、会話として質問がないと話を膨らませる、ネタを引き出していくことはできません。

 

なので、途中で質問をして話を遮るのは一番ダメなケースですので相づちをするタイミングなどで気になることがあったら、女性の気持ちを尊重できるように、決め打ちのクローズドクエスチョンではなく心開くオープンクエスチョンで聞く。

 

YES・NOではなく深掘りができるのでデート会話するネタとしては一級品の新しいものばかりです。相づちだけでは飽きられるので質問も織り交ぜて厚みのある会話にするのが聞き手のスキルにありSEXに繋がるものを感じます。

 

 

 

聞き手に周ってコミニュケーションをする時に言葉の意味よりも気持ちに耳を傾けることで伝わり方が変わってきます。言葉には必ず何らかの気持ちが乗っている。

 

言葉の意味以上に、その背後にある気持ちを聞こうとすることが、傾聴においてともて重要な要素であり大切です。同じ言葉であっても乗っている気持ちが同じであるとはいい切れません。

 

時には同じ言葉でも中身のない気持ちであったり異なることは多々あるりますので、しっかりと観察しながら言葉の意味だけを捉えるのではなく、どんな気持ちが込められいるのが察する必要があります。

 

その中で不満を受け止める聞き方であったり、そういう形でしか表現できなかった気持ち…いきなり汲み取るのではなく複雑な気持ちがあると前提で受け取ることが大切です。

 

なので、気持ちの受け止めあいを率先して聞き手から初める。もし、何らかの気持ちで心が満たされている時は心がループして同じ気持ちを増幅させ悪循環になりがちですが、少しでも気持ちを出し切ると、別の思考も生まれ変わります。

このページの先頭へ